知りたい!脳ドックの費用のあれこれ

知りたい!脳ドックの費用のあれこれ

脳ドックとは脳に関わる検診を受けることのできるもので、MRIやMRA、CT、脳波測定といった、高度な医療検査が行われます。
気になる費用については、医療機関によってまちまちですので、これといった基準はありません。安いところであれば3万円以下でも受けられますし、7~8万円かかる医療機関も存在します。
費用の高さの違いは、検査内容の種類が関係していることがよくあります。MRIやMRAの検査しか行われない脳ドックなら、安価に受けられますが、これらに加えて超音波や血液検査など、1度に受けられる検査内容が多いほど、費用が高くなる傾向にあります。
また、脳ドックだけでなく、普通の人間ドックも同時に利用するとなると、10万円以上かかるケースが珍しくありません。基本的に自由診療の検診は調べたい場所が増えるほど、高くなることをよく知っておきましょう。
ちなみに、脳ドックは専門性の高い分野ですから、人間ドックを受け付けている全ての医療機関で行われているわけではないことを、注意したいものです。

費用から考える脳ドックと検査内容

脳卒中というのは脳の血管の病気であり、40~60歳くらいの人の発症率が高くなっています。これは体が動かなくなり、意識障害や記憶障害が起きることもある病気なのですが、一般的な人間ドックの検査項目には脳の検査は含まれていないため、脳の状態を調べるためには脳ドックを受ける必要があります。高血圧や糖尿病などの生活習慣病がある場合や、親戚に脳卒中を起こした人がいるという場合、定期的に脳ドックを受診して脳の血管の状態をチェックしておくと良いでしょう。脳ドックの相場は医療機関や検査項目の数によって変わってくるのですが、シンプルなコースでは2~3万円前後で受けることができます。しかし、人間ドックやがん検診などと組み合わせる場合、10万円を超えることもあります。また、これは健康な人を対象に行う検査となっており、費用に関わらず健康保険の適用とはならないのですが、企業によっては検査費用の助成金制度を設けている場合もあるので確認しておきましょう。