脳ドック後に頭痛がする場合はどうする?

脳ドック後に頭痛がする場合はどうする?

脳ドックの検査では、一般的にMRIやCTスキャンなどの検査方法を用います。これらの方法は、人体を傷つけることなく、また検査対象となる脳に悪い影響を与えることがない、非接触方式で検査を行い、脳内部の画像を取得することができる検査方法です。従って、これらの方法で検査を受けた後に頭痛がしたとしても、検査そのものが原因となることはありません。
即ち、頭痛の原因は他にあることになります。一般的に、脳ドックを受診するのは、脳腫瘍や脳内出血などの脳自体の病変や損傷がないかどうかを調べることと、脳溢血や脳梗塞などの脳内血管の病気を調べることにあります。
従って、本来これらの病気があるかどうかを、画像化して判断することが脳ドックの目的であり、その心配がある年齢だからこそ検査を受けることが多いのですから、検査後に頭痛がするのならば、既に脳に何らかの病気が発生している恐れがあります。このような場合は、急いで専門医の診察を受けることです。またその際、既に脳ドックを受けたことを医師に話しておけば、そのデータを取り寄せることができ、余分な検査を受ける必要がなく、速やかな診断が可能となります。

脳ドックで早期発見できる病気

CTスキャンやMRIを利用して脳の内部の画像を撮影して検査を行うのが脳ドックです。
人間ドックのオプションで検査を受診する人もいますが、人間ドックや脳ドックは病気の早期発見に役立てられています。

脳ドックは脳出血や脳梗塞、脳腫瘍などの早期発見が可能になると言います。
これらの病気は死に至るリスクを持つことからも早期段階で発見する事が大切です。

因みに、CTスキャンと言うのはコンピューター断層撮影法と呼ばれるレントゲン撮影であり、MRIは磁気共鳴画像と呼ばれるレントゲン撮影になります。

これらを組み合わせて検査を行う他、MRAと呼ばれる磁気共鳴血管造影法を利用する事で脳内部の血管が細くなっていないかどうか、血管が詰まっていないかなどを調べる事が出来ると言います。

そのため、従来のCTやMRIだけではなく、MRAを併用して脳ドックの受診を受けることで脳の病気の早期発見や予防に役立てることが出来るようになっているのです。