どんな人が脳ドックを受ける必要がある?

どんな人が脳ドックを受ける必要がある?

人間ドックの中でも、心臓ドックと並んで人気がある脳ドックは、40代から50代ぐらいの年齢の人が一番受診したほうがよい検査です。40代以降になると、隠れ脳梗塞といわれる自覚症状がない初期の脳梗塞になっている人が3人に1人の割合で増えてきます。また、脳疾患は血圧やコレステロール値が高いことも引き金になりますので、普段の健康診断で生活習慣病関連の検査で医師から注意を受けた人も一度脳ドック検査を受診したほうがよいです。また、一番脳疾患の検査を受診する必要のある人としては、血縁者にくも膜下出血などの脳関連の病気を患った人がいる場合があげられます。悪性腫瘍もそうですが、脳疾患の原因のひとつに遺伝も関係がありますので、身内に脳疾患患者がいた場合は、年齢が若くても早めに脳ドックを受診した方がよいです。それ以外に、脳ドックの検査を受ける必要のある人としては、普段から頭痛の症状がある場合も検査を検討したほうがよいです。

脳ドックは何歳から受けられる?

脳ドックは人間ドックのオプション検査でも受診することが出来るようになっていますし、脳ドックだけを受診する事も可能です。
一般的に人間ドックは40歳から受診するのが良いと言いますが、脳ドックについては何歳から受診するのが良いのでしょうか。

脳ドックを行う目的と言うのはクモ膜下出血の原因とされる未破裂の動脈瘤を発見する事に在ると言います。
主要とされる脳動脈の変化、比較的自覚症状が少ない脳梗塞などの有無を調べることにあります。
また、小さな脳腫瘍を発見する事も可能で、早期発見や治療を受ける事、そして予防などにも役立てられています。

尚、何歳から受診するのが良いのかと言う点においては、40歳から受診するのが良いと言います。
また、何歳から受けることが出来るのかと言う事については特別な定めと言うものはなく、10代や20代の人でも何らかの症状が在ったりした時や、脳の病気に関与している他の部位の病気を調べる時にも受診は可能だと言います。

脳ドックを受ける際の注意点脳ドックを受ける際の注意点

脳ドックを受ける際の注意点

脳ドックを使っても全ての疾患を発見できるわけではありません。しかし脳ドックや様々な検査を組み合わせることで疾患の早期発見に繋がるのです。また熟練した技術を持っている医師に任せることで、検査の有用性を十分に発揮できます。脳ドックを受ける際には幾つかの注意点があります。脳ドックは脳の腫瘍・梗塞・血管の異常などを調べる検査です。使用されているのはMRと呼ばれる磁器の機械なので、金属や磁石などに反応します。検査の際には体に金属が入っていないかを確認するために、カツラ・ピアス・入れ歯などは外す必要があります。体や歯に金属が埋め込まれていて外せない場合には、事前に問い合わせておくことが大事です。カラーコンタクトレンズも反応することがありますので外した方が無難です。もし金属類を付けたまま検査を受けてしまうと、金属部分が熱くなって火傷することもあります。従って金属類に関しては細心の注意が必要となっています。

脳ドック:こんな人は要注意!

脳梗塞になりやすいのは、血液が固まりやすい人です。
例えばコレステロールが高い、脂質異常がある、肥満気味、などの要素があると、血液は固まりやすくなります。血液が固まるというのは、血管の内壁に脂肪のプラークがつくと、それが脳血管近くではなくても血流によって脳に運ばれてしまうこともあります。プラークが剥がれ落ちて重要な生命維持装置である脳の血流を阻害してしまうという事です。
また、そのプラークによって、頭痛が起こることもあります。慢性的な頭痛に悩まされている人は脳疾患の前兆の可能性があるので要注意です。
血液が固まりやすい条件を持っている人(コレステロールが高い、脂質異常、肥満)や、慢性頭痛のある人は脳ドックを受けておくと良いでしょう。ただし、脳の疾患は病気が進行するスピードが早いですから、一度脳ドックを受けたからといって安心してしまうのは危険です。不安のある人は特に検査の間隔を縮めて受けておくようにしましょう。

医師がオススメする脳ドック施設のポイント

医師がオススメする脳ドック施設のポイント

CTスキャンやMRIを利用する事で脳の中の出来る病気の早期発見が出来ます。
これは脳ドックと呼ばれる専門の検査で利用される検査装置ですが、脳ドックと言うのは人間ドックなどでのオプション検査として受診される人も多いと言います。

尚、脳の中を検査するためにはCTやMRIと言った設備が整っていたり、脳について詳しい専門医がいる病院もしくは検査施設で受診をする事が大切です。
また、医師がおすすめする施設と言うのは、これらの設備や専門医が居る施設でもあり、脳ドックには欠かせない存在になっています。

尚、医師がおすめする施設と言うのはこれらの設備だけではなく、MRAと言う検査装置を持つ施設であり、MRAは脳の中にある血管だけを映し出すことが出来るため、くも膜下出血や脳内出血などの早期発見や予防などにも役立てられていると言います。

因みに、血管の中と言うのは常に血液が流れおり、磁力の影響を受けた場合は直ぐに流れ去る性質を持ちます。
ですが、周囲の組織と言うのは同じ場所にずっとあるため、磁力の影響が残り、血管内部と脳の組織の間に差が生じ、この性質を利用する事で血管の中だけを撮影出来ると言う利点があります。

脳ドックの健康状態をチェックしましょう
MRI(磁気共鳴断層撮影)MRA(脳血管撮影)マルチスライスCT超音波検査脳波測定多方面から脳の病気の兆候や危険因子を探ります。
脳ドックのオススメ施設をお探しなら千葉新都市 ラーバンクリニック

脳ドック施設の口コミランキング

脳ドックを考えておられる場合、どの医療機関に行って行うか迷うことでしょう。そのようなときに参考になるのは、インターネットの脳ドックランキングです。エリアごとに脳ドックを行っている医療機関をランク付けして表示しています。

このランク付けは、何を元に決められているかというとサイトによって多少違いがありますが、一つはそのサイトを通して実際に予約を入れた方の数を集計してランキング付けしています。サイトの運営者は、自分のサイトから直接医療機関に予約を入れることができるようになっていますので、その数字を元に算出しているわけです。この数字はかなり信憑性が高いと言えます。また、そこにそれぞれの医療機関の閲覧数などが加味されることもあります。

このようなランキングサイトは、脳ドック選びの参考になることでしょう。後は実際に利用してみた方の口コミ情報を参考にしたり、費用の比較なども行いながら、受信する医療機関を選ぶと良いでしょう。

隠れ脳ドック

脳ドックの豆知識

脳ドックの豆知識

あまり知られていないことですが、脳ドックは人間ドックを行っている医療施設で受けられるという、誤解があります。脳は高度な医療技術や機器が必要になることから、人間ドックを行っていても、脳ドックは利用できない医療施設が割と多くあることを、豆知識としてよく覚えておいてください。
また、会社や地方自治体が実施している健康診断やがん検診でも、脳に関する検診は利用できません。これら健診を受けていれば、あらゆる病気を防いだり、早期発見ができると思われがちですが、脳に関しては例外だと知っておきましょう。
脳ドックが重要である理由として、脳卒中で死亡する割合が、日本人の死因の上位に君臨することにあります。脳卒中は脳の血管が詰まったり脆くなることで引き起こされる病で、悪玉コレステロールが原因であるとされています。健診でも悪玉コレステロールの数値を知ることができますが、実際に脳の血管に異常があるかまでは分かりませんので、できる限り脳ドックを利用したいところです。

意外と知られていない脳ドックのあれこれ

近年、脳血管疾患による死亡は、日本の死因のトップ3にランクインしています。そして、発症の特徴として「ある日突然」というパターンが多いです。

なので、発症を予防するためには年に1回は、脳ドックを受けることです。脳ドックと言うと脳の中のCTやMRI 検査は、皆さんご存知だと思います。しかし、それだけではありません。やはり、ご家族の中に既往のある人が居ないかという情報や、普段の血圧、頭痛の有無は大切な情報になってきます。

更に、脳ドックと言っても脳の中だけでなく、頸動脈の血流を観るために、頸部のエコー検査も行われています。脳の中の血流は良くても、頸部の血流が悪いと詰まりやすくなるためです。

脳血管疾患は、突然発症して亡くなってしまうケースもあります。また、命はとりとめても、麻痺が残ったり、寝たきりになってしまったり、認知症になることもあります。そうならないためにも、1年か半年に1回の検査は多少お金がかかっても、受診する価値はあります。