奈良・和歌山の脳ドック事情

奈良の脳ドック事情

健康な体を維持し、いつまでも健やかに暮らすことは多くの人が願うことですが、そのためには病気の兆候や自覚症状をいち早く発見することが何よりも大切な事となります。
特に最近注目されている生活習慣病などは、日々の食生活や生活リズムが大きく影響するもので、早めの改善策をとることで病気にかかるリスクを軽減することができます。
こうした生活習慣病の中には脳梗塞や脳溢血、くも膜下出血といった重篤なものも含まれるため、専門の医療機関で適切な検査を行うことが必要となります。
こうした脳疾患は通常の定期健診ではその兆候を発見できないことも多いため、専門の脳ドックを受診するのが有効な方法です。
奈良県にも脳ドックに対応する医療機関は数多くあり、個人医院の他に効率の病院でも検査を受けることが可能です。
病院によってはネットでの早期予約割引や、他の検査とパックになったプランを用意しているところもあるため、様々な病院の情報をよく見比べることが大切です。

和歌山の脳ドック事情

脳ドックは専門性の高い病院で受けなければならないものですから、一般的な人間ドックを利用できる病院を探すよりも、少し手間がかかるのが難点です。
和歌山県に関しても例外ではありません。東京や大阪のような大都会ではありませんので、それら地域と比べると脳ドックの病院を探すのは困難を極めますが、探してみると意外に身近な場所にあるケースもありますので、電話帳で調べたり、インターネットで検索してみることをおすすめします。
受け付けている病院を一つとりあげますと、日本赤十字社和歌山医療センターがあります。脳ドックの他にも人間ドックの日帰りコース、エステも受けられる二日ドック、肺がんドックにオプション検査など、とても充実した検査を受けられるのが魅力の病院です。
MRIやMRAを使って脳の様子を確認し、腫瘍の有無や脳梗塞の発見、脳動脈瘤の発生など、高度な技術で調べることが可能です。脳ドックでは他にも、血液検査や肝機能、血清脂質、糖代謝などの検査を受けることができます。

クーポンでお得に脳ドックが受けられる!?

クーポンでお得に脳ドックが受けられる!?

美容院やエステサロン、飲食店などでお得な料金で利用するのに便利なのがクーポンですが、脳ドックでも利用可能であることを知っているでしょうか。
大手のポータルサイトや医療系のサイトで実施しているもので、そのサイトから購入した後、一定の人数の購入者が集まった段階で、クーポンが発行されるといった仕組みになっています。SNSで宣伝したり、周囲の人に口コミなどすると、人数を集めやすくなるでしょう。
クーポンを発行するタイプでなくても、割引価格で提供している医療機関を探せるサイトもありますので、これらお得な仕組みを利用して、賢く健康維持をしたいものです。
脳ドックは人間ドックとは別の扱いをしている医療機関が多く、同時に利用するとなると料金がかなり高くなる傾向にあります。脳ドック単体で利用できる医療機関もありますが、検査内容が濃いほど必要な費用も多くなります。できるだけ安く内容の濃い検診を受けたい人にとって、このような割引サービスは大変助かる存在といえるでしょう。

脳ドックで追加できるオプションの種類

脳ドックとは、MRIやMRAによって脳の健康状態をチェックするという検査です。
これにより、くも膜下出血の原因となるこぶを発見したり、脳梗塞の前兆や脳腫瘍を発見する事が可能になります。
また、その他の要因とあわせて将来的な脳卒中のリスクなども調べられるので、人気が高くなっているのです。
脳ドックには基本の検査だけでなく、オプションで追加する事も可能です。
オプションの種類ですが、動脈硬化や血管年齢が分かる血圧脈派検査や頚動脈エコー、眼科系検査、聴力検査、胸部X線検査などがあります。
特に人気の血圧脈派検査は四肢の血圧と脈の伝わる速度を調べる事で動脈の硬さが分かります。
そして頚動脈エコーは頚動脈のつまりの状態を調べる事が可能です。
脳の病気は動脈硬化を原因とした物がメインとなりますので、基本の検査だけでなくこういったオプションが人気になっているのです。
これらは医療機関にもよりますが数千円で追加できるものです。

横浜市・青森の脳ドック事情

横浜市の脳ドック事情

横浜市は、全国的にみても人口が多く医療機関等の数も充実しており、各医療分野における高名なドクターが医療に従事しているエリアです。近年、脳や循環器ににかかる病気が有名人のニューしも良く目にするようになり、治療方法も脚光を浴びるようになってきてから、人間ドックに付随する脳ドックという検査が働き盛りの方や高齢者の方に注目されています。横浜市は、人口が多い分だけ、あらゆる業種の中心となって働いている方が多く在住している事もあり、受診される方が増加してきているのですが、横浜港を中心とした観光資源も豊富なエリアのため、観光で来を訪された方がその有名な病院と高名なドクターに診断してもらうために受診されるケースも多いようです。脳ドックを受診できるのは総合病院だけではなく、人間ドック等の専門のクリニックでも最新のMRIやMRAを使用し詳細な検査を行い、日頃から心配されている事があれば丁寧に相談に乗ってくれる施設も多く見られます。

青森の脳ドック事情

青森では脳ドックを受ける人が増えてきました。
脳ドックではMRI検査を中心とした脳にについての検査をいくつか受けます。
その検査で脳梗塞を見つけたり、脳腫瘍や脳動脈瘤といった重大な病気を検出することができます。
すなわち、脳に特化した人間ドックといえます。
施設ごとに検査の実施する検査項目は異なりますが、多くの施設ではMRI検査が中心になっています。
また、近年ではMRAの技術を用いた診断も行われています。
脳波の検査を精密に行い、さらに心電図の検査も併用することで脳の僅かな異常でも見つけることができます。
脳の異常について様々な可能性を多方面から探っていきます。
通常の人間ドックでも脳に関する検査が項目に含まれている場合がありますが、脳についてはノータッチの場合も多いです。
親族に脳の病気の経験者がいたり、遺伝の恐れがある場合は脳ドックを年に一度は受診してみた方がいいでしょう。
早期発見が最も重要だからです。

 

神奈川で脳ドックをお探しならマーソ(MRSO)がおすすめ!

愛知県・熊本の脳ドック事情

愛知県の脳ドック事情

大海原を航海していく船は、長旅の中でいつの間にか船体のあちらこちらにダメージを抱えるもので、中でも心臓部であるタービンが正常に動かなくなっては、タービン停止と共に船は漂流し、遠からず乗客乗員も天に召されることになるでしょう。
そのようなことにならない為に船が入るのがドックであり、ドックで定期的な検査を行うことで、タービンが問題なく働き、そこで初めて多くの乗員乗客の安全が担保され、安心な船旅を送ることが可能になるのです。
人間の場合も、船と同じく、人間ドックというものがありますが、これのさらに局所的なものが脳ドックです。
人間の脳は船のタービンと同様、これが正常に動かないとあっては、身体がいくら問題ないとしても致命的なこととなりますので、定期的に脳ドックを受けることは大変重要です。
愛知県で脳ドックに入ることが出来る施設は、東名病院、大菅病院、あらかわ医院、総合青山病院、なかざわ記念クリニック、東海記念病院、済衆館病院、日進おりど病院、豊橋医療センター、一宮西病院、名古屋脳神経外科クリニック、など数多くありますので、脳ドック受診をご希望の方は、最寄の医療機関まで、まずはお問い合わせ下さい。

熊本の脳ドック事情

大海を航海する船は、長き旅を重ねるうちに知らず知らずのうちに船体のあちこちにきしみを抱えるもので、中でも動力部たるタービンに異常が発生してしまっては、やがてタービン停止と共に船は漂流するより他になく、そうなればたとえ沈没しなくても、遠からず乗客乗員の命の灯火は消えることとなるでしょう。
そのような事態を引き起こさない為に船が入るのがドックであり、ここで定期的な検査を行うことで、タービンが正常に作動して安全安心な船旅を送れることを担保しているのです。
人間の場合も、船と同様、人間ドックというものがありますが、これのもっと局所的な脳ドックというものがあります。
人間の脳は船のタービン同様、これが正常に働かなくなってはいくら身体が無事でも致命的となりますので、定期的に脳ドックを受けることは非常に重要なことです。
熊本で脳ドックに入ることが出来る施設は、済生会熊本病院、杉村病院、健康管理センター、セントラル病院、託麻台リハビリテーション病院、熊本脳神経外科病院、労災病院、国保水俣市立総合医療センター、などがありますので、脳ドック受診をご希望の方は、最寄の医療施設まで、まずはお問い合わせ下さい。

土日祝日に脳ドックを行ってくれる施設

土日祝日に脳ドックを行ってくれる施設

医療機関によっては土日祝日に脳ドックを行ってくれる所もあります。詳しくは予約の際に医療スタッフに確認してみると良いですが、ホテルのような素敵な空間で検診を受けられる所もありますので、「病院の慌ただしい雰囲気が苦手」という方もゆったりと落ち着いた状態で受診して頂けます。大きな病院になると脳の検査だけにとどまらず、心電図や血液検査などを行い脳以外の循環器系などにきちんと血液が流れていて、異常がないかを調べてくれるので安心です。

がん検診や人間ドックは意識して受診している方も多いため、早期発見早期治療によって完治できる確率も上がっていますが、脳ドックを定期的に受診しているという方はまだ少ないのが現状です。「脳に何らかの衝撃を受けたり痛みなどの症状がない場合は脳神経外科に行かない」という方も多いのですが、自覚症状が出てからでは既に手遅れの場合もありますので、脳疾患に不安がある場合は受けておいたほうが良いです。

脳ドックで再検査は危険なの?

脳ドックとは、文字通り脳を重点的に検査するものです。病院や診療所など、施設により導入している検査などは異なりますが、その検査結果は、脳血管疾患である脳卒中や脳出血、脳梗塞やくも膜下出血などの早期発見及び予防に役立てることができます。ですから、脳ドックで再検査の判断が下された場合、『ひょっとして何か異常があったのか』と心配されるかもしれませんし、疾病の危険性についてやきもきされるかもしれません。勿論、明らかな異常があってその判断が下される場合もあります。しかし覚えておきたいのは、必ずしもそればかりではないと言うことです。たとえば脳ドックで導入されている検査の種類によっては、得意、不得意があります。そのため、そのことを承知したお医者さんによっては『この検査方法では、この分野の検査は不得意だから、念のために精密な検査をしておこうか』と言う感じで、再検査が必要と判断されることもあるのです。また、脳ドックを受けた日、受けた人の体調状態などが明らかに良くなかった場合も、やはりもう一度、検査した方が良いと判断されることもあるのです。ですから、再検査が出たから即座に危険と判断する必要はありません。

脳ドック後に頭痛がする場合はどうする?

脳ドック後に頭痛がする場合はどうする?

脳ドックの検査では、一般的にMRIやCTスキャンなどの検査方法を用います。これらの方法は、人体を傷つけることなく、また検査対象となる脳に悪い影響を与えることがない、非接触方式で検査を行い、脳内部の画像を取得することができる検査方法です。従って、これらの方法で検査を受けた後に頭痛がしたとしても、検査そのものが原因となることはありません。
即ち、頭痛の原因は他にあることになります。一般的に、脳ドックを受診するのは、脳腫瘍や脳内出血などの脳自体の病変や損傷がないかどうかを調べることと、脳溢血や脳梗塞などの脳内血管の病気を調べることにあります。
従って、本来これらの病気があるかどうかを、画像化して判断することが脳ドックの目的であり、その心配がある年齢だからこそ検査を受けることが多いのですから、検査後に頭痛がするのならば、既に脳に何らかの病気が発生している恐れがあります。このような場合は、急いで専門医の診察を受けることです。またその際、既に脳ドックを受けたことを医師に話しておけば、そのデータを取り寄せることができ、余分な検査を受ける必要がなく、速やかな診断が可能となります。

脳ドックで早期発見できる病気

CTスキャンやMRIを利用して脳の内部の画像を撮影して検査を行うのが脳ドックです。
人間ドックのオプションで検査を受診する人もいますが、人間ドックや脳ドックは病気の早期発見に役立てられています。

脳ドックは脳出血や脳梗塞、脳腫瘍などの早期発見が可能になると言います。
これらの病気は死に至るリスクを持つことからも早期段階で発見する事が大切です。

因みに、CTスキャンと言うのはコンピューター断層撮影法と呼ばれるレントゲン撮影であり、MRIは磁気共鳴画像と呼ばれるレントゲン撮影になります。

これらを組み合わせて検査を行う他、MRAと呼ばれる磁気共鳴血管造影法を利用する事で脳内部の血管が細くなっていないかどうか、血管が詰まっていないかなどを調べる事が出来ると言います。

そのため、従来のCTやMRIだけではなく、MRAを併用して脳ドックの受診を受けることで脳の病気の早期発見や予防に役立てることが出来るようになっているのです。

知りたい!脳ドックの費用のあれこれ

知りたい!脳ドックの費用のあれこれ

脳ドックとは脳に関わる検診を受けることのできるもので、MRIやMRA、CT、脳波測定といった、高度な医療検査が行われます。
気になる費用については、医療機関によってまちまちですので、これといった基準はありません。安いところであれば3万円以下でも受けられますし、7~8万円かかる医療機関も存在します。
費用の高さの違いは、検査内容の種類が関係していることがよくあります。MRIやMRAの検査しか行われない脳ドックなら、安価に受けられますが、これらに加えて超音波や血液検査など、1度に受けられる検査内容が多いほど、費用が高くなる傾向にあります。
また、脳ドックだけでなく、普通の人間ドックも同時に利用するとなると、10万円以上かかるケースが珍しくありません。基本的に自由診療の検診は調べたい場所が増えるほど、高くなることをよく知っておきましょう。
ちなみに、脳ドックは専門性の高い分野ですから、人間ドックを受け付けている全ての医療機関で行われているわけではないことを、注意したいものです。

費用から考える脳ドックと検査内容

脳卒中というのは脳の血管の病気であり、40~60歳くらいの人の発症率が高くなっています。これは体が動かなくなり、意識障害や記憶障害が起きることもある病気なのですが、一般的な人間ドックの検査項目には脳の検査は含まれていないため、脳の状態を調べるためには脳ドックを受ける必要があります。高血圧や糖尿病などの生活習慣病がある場合や、親戚に脳卒中を起こした人がいるという場合、定期的に脳ドックを受診して脳の血管の状態をチェックしておくと良いでしょう。脳ドックの相場は医療機関や検査項目の数によって変わってくるのですが、シンプルなコースでは2~3万円前後で受けることができます。しかし、人間ドックやがん検診などと組み合わせる場合、10万円を超えることもあります。また、これは健康な人を対象に行う検査となっており、費用に関わらず健康保険の適用とはならないのですが、企業によっては検査費用の助成金制度を設けている場合もあるので確認しておきましょう。

脳ドックの内容とは

脳ドックの内容とは

medical_kaigyoui

人間ドックは基本的に全身の健康状態をチェックできますが、オプションとして脳ドックが用意されている医療機関も多いです。

脳といえば、いうまでもなく人間の精神活動を行う、なくてはならない臓器です。ただ、脳はどうしても年齢やストレス、喫煙習慣などによってダメージを受けて、いろいろな病変が出てくることがあります。

そこで、脳の健康に問題がないかチェックしたり、あるいは病変があっても早期に発見することでひどくなることを未然に防ぐ、というのが脳ドックの目的です。

その内容としてはMRIとMRAという装置を使います。検査の時間は数十分で、狭い室内でガンガン音がするという環境で行われます。そのため、閉所恐怖症の方には嫌なものですが、いつでも外のスタッフに連絡できるようになっています。

MRIでは脳を輪切りにした画像を撮影でき、MRAでは脳の血管を立体的に表示できます。これにより、脳梗塞の有無や脳の萎縮の度合い、血管の健康などを判断できる内容になっています。

脳の健康状態をチェックし、脳の病気を予防するための健康診断です。
梗塞や脳出血、脳卒中になる危険性を判断することができます。
脳ドックの病院を検索、予約するならマーソ(MRSO)で決まり!

脳ドックの検査項目

脳ドックの検査項目は、検査を実施する施設によって異なりますが検査の中心となるのがMRIとMRAによる
画像診断となります。そのほかととしては、脳波検査や心電図の検査などを行います。
MRI検査は、磁気と電磁波によってあらゆる方向から脳の断面画像を映し出して発症間もない脳梗塞や
小さい梗塞を発見できます。
MRA検査は、原理はMRIと同様ですがこちらは血管を立体画像として映し出し動脈硬化が進行して血流が
細くなっている血管を発見したり動脈瘤を発見することが可能です。
また、マルチスライスCTというものもあります。MRIに比べて撮影時間が大幅に短縮された検査になります。
上記の大きな機器を使用した脳ドックの検査項目としては、超音波検査や脳波測定、心電図などの項目があります。
心電図は、心房細動という不整脈が出ている場合に血栓が作られやすくなり
血流に乗って脳に達すると心原性脳塞栓症を引き起こす可能性があるのでこの検査を行います。
その他には、血圧測定、血液検査、尿検査、眼底検査などの検査項目があります。

役立つ!脳ドック受診施設の口コミ情報

役立つ!脳ドック受診施設の口コミ情報

脳腫瘍や脳梗塞、くも膜下出血と言った脳の病気は、最悪の場合は死に至る恐ろしい病気です。

仮に、命が助かったとしても、言語障害が起きてしまったり、手足が麻痺してしまい歩けなくなるなどの後遺症を持つことからも、脳ドックを利用するなどして定期的な検査を受診する事が良いと言われているのです。

特に、両親などが脳の病気で亡くなったり、身体が不自由になってしまった場合など、脳の病気が発症する可能性が有るため、1年に1度の脳ドックを利用して検査を受けておくと良いと言います。

脳ドックはMRI、CTと言った検査装置を利用して検査を行ったり、脳の中の血管を撮影することが出来るMRAなどの検査装置を利用して受診を行うのが特徴で、脳の専門医がいる病院や検査施設で受診を行うのが良いと言われています。

インターネットの中には脳ドックを受診出来る施設の口コミ情報などが記載されている情報サイトも有りますので、これから検査を受けたい人などは口コミ情報などを参考にして専門医がいる病院や検査施設を探す事で病気の早期発見などに役立てることが出来るのです。

必見!脳ドックの受診施設の評判を知りたい場合は

脳ドックは、脳という、人間の生存に欠かすことができない臓器の健康状態を調べるための検査です。そのため、信頼できる施設で受診すべきです。そして信頼できる施設を探すためには、その評判を知ることが早道となります。
施設の評判を知るためには、口コミ情報が欠かせません。脳ドックを受けるということは、最終的には検査を受けた本人やその家族が、検査を受けた人の脳の健康状態を正しく理解することが必要です。結果が分かりにくければ、検査を受ける意味がありません。
そこで、口コミ情報を確認することが重要になります。口コミ情報は、それぞれの施設で脳ドックを実際に受けた人による情報を得ることができます。そのため、どの施設はどのような検査結果の説明があったのか、分かり易かったかどうかということについて様々な情報を得ることができます。
口コミなので、もちろん主観的な印象が含まれることも多々ありますが、多くの口コミに接することで個々の主観を排除することができ、客観的な情報を得ることができます。

脳ドックの検査結果でわかること

脳ドックの検査結果でわかること

人間ドックとともに最近よく耳にすることが多くなった脳ドック。例えば全身を充分に検査する人間ドックを受けた結果、異常なしだから大丈夫、と考えている方も少なくないと思われますが実は脳の部分に関しては、新たに検査を追加するなどのオプションになっていることがほとんどなので検査の対象にはなっていません。脳ドックは人間ドックと同様に保険の対象外になり、また金額も割高です。しかしながら脳卒中予備軍やまたは脳動脈硬化など、様々な病気を発見することができ、アルツハイマーや認知症などの予防にも繋がります。頭痛がすることもあまり少ないし自分には関係ない検査、と思われがちなのですが意外と検査を受けるべき対象の方が多いのです。慢性的に頭痛などの自覚症状を感じている人はもちろんの事、文字や物が歪んで見えたり二重に見えたり、一見脳とは関係ない所に原因があると思われる病気が脳の病気であったりすることもあります。自分は若いしまだまだ、という気持ちを感じるのも否めませんが実際のところ脳ドックを受け始めた方が良い年齢は30代~40代と言われています。健康の為にぜひ受けておくべきものと考えられます。

診断結果が怖い??脳ドックでわかること

人間ドックとならんで人気なのが脳ドックです。脳ドックではどのようなことをやるかというとMRIとMRAによる画像診断です。
そのほかに病院によっては脳波検査、心電図検査なども行って、多方面から脳の病気の兆候などを探るものです。
これによって、脳出血や脳梗塞だけでなく脳腫瘍などの病気や認知症などの発見をすることがわかります。普段から頭痛もちだったり、なんとなく調子が悪いという理由で、脳ドックを受けたかたにとっては、結果診断でとても怖い診断名がいわれるのではないかと、恐怖を感じる人もいますが、それが誤解です。かりに病気がみつかったとしても早期でみつけることで、早く治療ができるのでむしろ、よかったと思うほうがいいのです。また、ずっと体調が悪いと考えていたとしても、問題ないといわれたことで、気分が楽になり症状が軽減する人も多いので、いずれにしても脳ドックをうけたほうがいいということになります。自分の体は自分で守るしかないので、検診は受けたほうがいいです。

 

脳ドックの病院を検索、予約するならマーソ(MRSO)で決まり!